離婚調停で、弁護士費用など浮かせるためのマル秘情報

離婚調停で、弁護士費用など浮かせるためのマル秘情報

もしあなたが、現在、離婚調停でを考えている、あるいは夫・妻とうまくいかない状態が続いていて、この先の夫婦関係について不安に思っているのであれば、あるいは、

 

・「今すぐ離婚したい。!」あるいは「なんとしても離婚をしたくない!」という方
・「養育費や親権問題。慰謝料…相手より有利な条件で別れたい」という方
・「離婚時のお金の問題や離婚後の生活設計で苦しみたくない」という方
・「弁護士や法律が全く頼りにならない泥沼化した離婚問題で悩んでる」という方
・「離婚調停の方法がわからない。勝つためにはまずどうしたらいいの?」という方

 

離婚調停を自分にとって圧倒的に有利に進めるためには知識・情報が必要です。
離婚裁判というのは、あくまで最終段階です。
多くの方が誤解されていますが、離婚調停を行い、そこで決着がつかなかった場合しか、離婚裁判を起こすことはできません。

 

ところが、冒頭でも触れたとおり、
離婚調停というのは、場所こそ家庭裁判所で行われますが、裁判とはまるで内容が異なります。
裁判のように証拠による立件や証明という概念が存在しません。そして、裁判官のような、善悪を裁く人間はいず、
代わりに調停委員が立ち会います。

 

法律や法的知識といったものは一切適用されません。調停委員は法に精通しているわけではありません。
つまり、とにかく立会人の第三者・調停委員を味方に付けた方が有利になるのです。
裁判のように法律が調停の行方を左右するのではないのです。
法律の専門知識だけあっても意味がないのです。

 

弁護士という職業は、法律に偏った意見で、時として調停委員の機嫌を損ねてしまうことがあります。
また、相手が弁護士を立てたからと言って、あなたも弁護士を立てるというのは絶対にお薦めできません。
なぜなら、弁護士は弁論によって勝敗を求めようとする職業上、弁護士同士の間で折り合いを付けようとしがちだからです。

 

そのため、調停の行方が、あなたと相手のことをまるで考えない、誰のためにもならない調停結果に持って行かれてしまうことが、あとを経ちません。弁護士にとって、離婚調停は全くの専門外。
例え離婚専門と謳っていたとしても、ノウハウも進み方も価値観も全く異なる調停までは門外漢なのです。

 

では、どうすればいいのかともうしますと、この、離婚調停成功マニュアルを参考にしてください。
なぜなら、調停の場は、公平な場でも正義を決める場でもありません。 悪い方が裁かれる場と言うわけでは決してないのです。
手堅くプランニングをしたものが勝利します。準備を整えていかなければ、相手の思うままになってしまうのです。
そして、そのプランニングとは、決して法律的なものではありません。

 

このマニュアルは離婚の現場を知らない法律家の空論ではありません。
離婚専門コンサルタントとしての10年・15000件にわたる相談実績と豊富なコネクションの数々を元にした、澁川良幸にしか語れない離婚調停成功の秘訣の数々です。
離婚調停が上手くいく人、上手くいかない人、 その違いは、離婚調停成功マニュアルでお伝えした方法や内容を知っているか、知らないか。 それだけの違いでしかありません。

 

正しい知識無くして、本当に後悔のない離婚は成し得ません。

 


>>>離婚調停を成功に終わらせたいあなたへ